副作用や拒絶反応がない|症状で分かる糖尿病の有無|糖分摂取はほどほどに

症状で分かる糖尿病の有無|糖分摂取はほどほどに

女性

副作用や拒絶反応がない

女性

相乗効果も期待

免疫細胞療法は、がんの全身療法のひとつで、自分の細胞を用いておこなう治療法です。副作用や拒絶反応がないことが大きなメリットで、分子レベルでがん細胞にはたらきかけることができます。化学療法など他の治療法との併用もでき、相乗効果が期待されています。方法としては、まず患者の血液から免疫細胞を採取し、培養します。免疫細胞が増殖したら、再び身体に戻し、がん細胞を攻撃させます。増殖させる細胞は、主にリンパ球になります。リンパ球の活性化を促し、増殖させ、再投与することで全身の免疫力を高める新しい治療なのです。免疫細胞療法には、樹状ワクチン療法、アルファ・ベータT細胞療法、ガンマ・デルタT細胞療法、CTL療法があります。す。

それぞれの特徴とは

免疫細胞療法の樹状ワクチン療法は、免疫の指令を出す樹状細胞を用いる方法です。効率的にがんが攻撃できる特徴があります。アルファ・ベータT細胞療法とガンマ・デルタT細胞療法は、血液中に数多く存在して免疫機能に関わっているT細胞を増殖させます。ガンマ・デルタT細胞療法の方がアルファ・ベータよりも新しい治療法で、より高い効果が期待されています。CTL療法のCTLとは、細胞障害性Tリンパ球のことで、これも免疫細胞療法の1種です。がん性の腹膜炎や胸膜炎など遊離性のがんを治療する際に用いられます。免疫細胞療法では、ひとりひとりに合った個別のがん治療ができることから、今後の成果に大いに期待が集まっているところです。