症状で分かる糖尿病の有無|糖分摂取はほどほどに

医者

副作用や拒絶反応がない

女性

がんへの全身療法の一種とされる免疫細胞療法は、自身の細胞を治療に用いる点が特徴です。また、副作用や拒絶反応がみられない点が魅力です。さらに、がんの症状に合わせて治療を進めることができます。

もっと知ろう

血液中に糖質がたまる病気

医者

血糖値や尿糖値の上昇

血糖値は、食事によって摂取した糖質が血液中に溶け込むことで上昇します。糖質はエネルギーとして使われるので、通常は食後徐々に血液中から減っていき、それによって血糖値は下がっていきます。ところが、血糖値の高い状態が持続することがあります。糖質がエネルギーとしてうまく使われなくなっていることが原因ですが、これがいわゆる糖尿病です。また糖尿病になると、血糖値が下がりにくくなるという症状以外に、尿糖値が高くなるという症状も出てきます。これは、体内にたまりすぎた糖質が、尿として体外に排出されるようになるからです。体は、糖質を排出するために積極的に尿を出そうとするので、それにより頻尿の症状が出ることもあります。さらには、尿が多く出ることで喉が渇きやすくなり、水分補給の頻度が高くなるという人もいます。

食事療法や運動療法

血液中に糖質がたまることが原因ですから、糖尿病の治療は、糖質の過剰摂取を防ぐという食事療法でおこなわれます。体が処理できる糖質の量を把握し、その量でおさまるように工夫して食事をとるようにするのです。具体的には、糖質が多く含まれている穀物や芋類、調味料などの使用を控えることになります。また、運動療法も糖尿病の治療としてさかんにおこなわれています。運動をすると、消費エネルギーが増えることで糖質が使われやすくなり、それによって血糖値や尿糖値が下がっていくのです。こういった治療を継続的におこなうことで、上記の症状は徐々に出なくなります。しかし、糖質を多めに摂取したり運動不足の状態を続けたりすると、再び症状が出てくることになります。逆に言えば、食事療法と運動療法とを続けている限り、体は糖尿病から守られるということです。

身近で厄介な肺がん

カウンセリング

肺腺がんは初期の段階では自覚症状に乏しく、咳すら出ないこともあります。しかし、がん検診を受ければ、初期の段階で発見することができます。肺腺がんの発症原因は、あまり喫煙と関係ないとされています。従って、タバコを吸わない人でも、がん検診は受けておくべきです。

もっと知ろう

腎不全の方が行う治療

病棟

透析とは腎臓の機能が極端に低い場合に行う治療で、血液を機械に通してきれいにする方法です。透析患者は食事・運動・睡眠に加えてシャントの管理を行う必要があります。岡山では透析患者が受けられる補助があるので病院や役所への相談をお勧めします。

もっと知ろう